リゼクリニック新宿院で、全身脱毛!

リゼクリニック新宿

リゼクリニック新宿のコンセプトは、「追加料金0」。実際、剃毛料やキャンセル料などが0円といううれしいシステムがあります。

 

でも、お金の代わりに何かペナルティはないのでしょうか? 手数料や罰金が発生するケースはあるのでしょうか?

 

リゼクリニック新宿の施術システムと一緒に、追加料金についても解説します。

 

 

 

リゼクリニック新宿の店舗紹介

リゼクリニックは女性専用の院と、男女兼用の院とがありますが、新宿店は女性専用クリニックです。

 

JR新宿駅西口・東口より徒歩3分。歩きたくない方は、大江戸線 新宿西口駅D5出口から出ると、徒歩0分で行くこともできます。

 

休診日は月ごとに異なりますので、ホームページの「新着情報」を毎月確認してください。

 

 

診察時間

月・水〜日
午前 10:00〜14:00
午後 15:00〜20:00

午前 11:00〜15:00
午後 16:00〜21:00

住所 新宿区西新宿7-10-19 西新宿ビル4F

 

 

リゼクリニック新宿は、こんなクリニック

2013年に、女性の医療脱毛専門クリニックとして、新宿で開院したのが、リゼクリニックです。

 

「予約キャンセル料・剃毛料なし」など、患者さんの意見を取り入れて作られたサービスが特徴で、女性の脱毛を、技術面だけでなくメンタル面からもしっかりサポートします。

 

 

リゼクリニック新宿の全身脱毛

3種類のレーザー脱毛器の中から最適な機器をチョイス

リゼクリニックでは、

 

  • ライトシェア・デュエット(米ルミナス社)
  • メディオスターNeXT(独アスクレピオン社)
  • ジェントルYAG(米キャンデラ社)

 

3種類の医療レーザー脱毛器を導入しています。施術の当日に、クリニックのスタッフが患部の肌をチェックし、3種類のうちから最適と思われる脱毛器を選び、施術を行います。

 

こちらが脱毛器を指定したり、リクエストすることはできません。

 

クリニックによっては脱毛機器を選べることもありますが、リゼクリニックではレーザー脱毛器はあくまでも医療機器であり、脱毛は医療行為ととらえているため、というのが理由のようです。

 

それぞれの特徴を紹介しましょう。

 

ライトシェア・デュエット

ダイオードレーザーを使ったレーザー脱毛器で、毛根をレーザーで焼いて脱毛させていきます。

 

ダイオードレーザーの波長は水分や血液の色素への感度が低いという特徴があります。そのため、照射した際に肌が加熱されるのをおさえ、火傷をはじめとする肌トラブルのリスクを避けることができます。

 

ライトシェア・デュエットの特徴として、照射ヘッドに搭載された吸引機能があります。

 

患部の肌を吸引しながらレーザーを照射するシステムで、吸引すると肌の毛細血管が収縮し、肌色が一時的に薄くなってムダ毛の色とのコントラストが大きくなるため、同じ出力でもより高い脱毛効果が期待できます。

 

また、従来のレーザー脱毛と比較すると照射範囲が2.2cm×3.5cmと格段に広がり、施術時間が大幅に縮小されました。全身脱毛は施術が広範囲ですから、スピーディーな脱毛器はありがたいですね。

 

メディオスターNeXT

メディオスターNeXTもダイオードーレーザーを使った脱毛器ですが、こちらはバルジ脱毛のための脱毛機器です。

 

バルジ脱毛は、従来のレーザー脱毛のように毛根を焼くのではなく、表皮の少し下にあるバルジ領域と呼ばれる部分を熱処理します。

 

バルジ領域はムダ毛の素である幹細胞を形成している器官であるため、熱を加えて機能を止めてしまうと、ムダ毛の再生をストップさせることができます。

 

バルジ領域は比較的低い温度で機能を失わせることができるので、低出力でレーザーを照射し、患部全体の肌を温めることで脱毛処理を行います。

 

痛みや火傷のリスクが少なく、色素沈着や日焼けがあっても施術を行うことができるというメリットがあります。

 

ジェントルYAG

脱毛に使用されるレーザーの中では最も長い波長をもっているのがYAGレーザーで、そのYAGレーザーを採用しているのが、このジェントルYAGです。

 

波長の長さは1064nmです。ダイオードレーザーは810nm、アレキサンドライトレーザーは755nmですから、違いがわかりますよね。

 

長い波長をもっているレーザーは浸透性が強く、肌の深い部分まで光が届きます。そのため、男性のひげ脱毛など、毛根が深いムダ毛の脱毛に適しています。

 

また、ダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーよりもメラニン色素に対する感度が弱いため、色素沈着した箇所や、肌色が濃い人でも、火傷のリスクを比較的少なくおさえることができます。

 

また、照射ヘッドから冷却ガスを噴出し、患部を冷却しながら脱毛することで、痛みや火傷のリスクを軽減しています。

 

  ライトシェア・デュエット メディオスターNeXT ジェントルYAG
脱毛システム レーザーで毛根を直接熱処理 バルジ領域を熱処理してムダ毛の再生を止める レーザーで毛根を直接熱処理
メリット 吸引システムにより、痛み・火傷・打ち漏れ・毛嚢炎などのリスクをバランスよく軽減 低温で処理するため、痛みや火傷のリスクが起きづらい レーザーの波長が長いため、肌に熱が加わりづらい
デメリット 高温処理するため肌トラブルのリスクは残る 処理が不充分になる可能性がある メラニンの感度が低いため、完全に処理するのが難しい
適した肌色 日本人の肌色全般に対応 肌色に関係なく使用できる 色黒の肌に適している

 

 

リゼクリニック新宿で脱毛を受ける手順は?

 

脱毛を進める手順

 

予約 〜 カウンセリング

無料カウンセリングの予約は、電話またはホームページの予約フォームから行います。

 

予約フォームでは、来院を希望するクリニック、希望日時や希望の脱毛メニューをラジオボタンで選択し、送信します。

 

電話の場合は、来院を希望するクリニックに直接、連絡してください。予約フォームのページに、各院の電話番号が記載されています。なお、申し込みをした当日、翌日にカウンセリングを受けたい方は、電話で申し込みをしてください。

 

2、3日後にカウンセリングの日程がメールまたは電話(申し込みの際に選択可能です)で届きます。メールで連絡がきた場合は、必ず返信してください。返信がないとキャンセル扱いになってしまいます。

 

カウンセリングは、簡単な問診票を記入します。そのあとドクターが発毛や脱毛のシステムについて説明を行い、患部の状態を確認して、カウンセリングは終了です。

 

カウンセリングのあと、スタッフからリゼクリニック新宿の脱毛メニュー、サービス内容、支払い方法など、クリニックで脱毛を受けるための具体的な説明があります。

 

トータルで40分〜50分程度で終了します。

 

契約 〜 初回予約

カウンセリングは無料で受けることができますので、カウンセリングだけ受ける方はここで帰ってかまいません。後日、あらためて契約をする場合は、もう一度カウンセリングフォームからカウンセリングの予約をします。

 

すぐに契約する方は、別室で契約手続きを行います。申込書、同意書を記入し、料金の支払いを行います。料金の支払い方法については、「料金」のトピックでくわしく解説します。

 

契約のあと、そのまま初回施術の予約を取ることもできます。予約は別の日に取るという方は、ホームページの「再診予約フォーム」から手続きをしてください。

 

カウンセリングから契約まで

 

初回施術

初回の施術前に注意するのは、VIO以外のムダ毛は剃らないでクリニックに行くということです。

 

脱毛サロンやクリニックで施術を受ける前は、ムダ毛はシェーバーなどで自己処理するのが一般的ですが、リゼクリニック新宿は、初回の施術の際に、患部のムダ毛の量や毛質をチェックするため、剃らないで来院します。

 

ただし、VIOについては、ほかの部位と毛質などが異なるため、チェックは行いません。そのためVIOだけはシェービングしておく必要があります。

 

来院したら個室でタオルガウンに着替えます。VIOにかんしては、タオルを巻いただけの状態で脱毛を受けます。

 

紙製の使い捨てショーツを用意しているクリニックもありますが、リゼはそうしたアイテムはないようで、タオルを少しずつずらして照射、という対応になります。

 

施術が完了したら、抗炎症の軟膏を塗布し、その日の施術は完了です。

 

次回の予約

2回目以降の施術は、電話またはホームページの「再診予約」のページから申し込みます。再診予約には、診察券に記載されたカルテ番号が必要になります。

 

リゼクリニックは全国に直営クリニック、または提携クリニックが合計18院ありますが、施術はどこのクリニックでも受けることができます。

 

リゼクリニック新宿院で契約と初回施術を受け、2回目は横浜院、3回目は四日市院……。という通い方をしてもOK。電話なら口頭で伝え、予約フォームであればラジオボタンで選択するだけです。

 

もちろん、クリニックを変えたからといって手数料などは発生しません。

 

◆◇リゼクリニック新宿の無料シェービングサービス◇◆

 

2回目の施術からは、患部のムダ毛は自己処理が基本になります。シェーバーなどで短くシェービングしていきましょう。

 

剃り残しがあった、またはシェービングを忘れた、という場合は、スタッフが無料でシェービングしてくれます。全身脱毛では、背中など手の届かない部位も多いですから、リゼクリニック新宿の無料シェービングサービスはありがたいですね。

 

ただ、あまりムダ毛が残った状態で来院すると、シェービングに時間を取られてかんじんの脱毛時間が少なくなります。できるだけがんばって処理して行きましょう。

 

 

リゼクリニック新宿の全身脱毛で処理できる部位は?

基本的な全身脱毛は、「顔」と「VIO」をのぞいたすべての部位を処理することができます。

 

顔やVIOの処理もあわせて希望する方には、「全身脱毛」に「顔」、「VIO」を加えたプラン、「顔とVIO」を加えたプランもあります。

 

  • 全身脱毛(VIO、顔は含まれない)
  • 全身脱毛 + VIO
  • 全身脱毛 + 顔
  • 全身脱毛 + VIO + 顔

 

全身脱毛にはこれらのパーツが含まれます
  含まれる部位 詳細
頭部 うなじ  
上半身

両脇

お腹
背中

乳輪は火傷のリスクがあるため含まれません

二の腕
前腕
手の甲・指

ひじ関節も含まれます
下半身 お尻  

太もも
すね
足の甲・指

ひざ関節も含まれます
足の裏は発毛がないため、含まれません

 

 

リゼクリニック新宿の全身脱毛は、どんなペースで施術していくの?

施術の進め方

全身脱毛の部位を上半身と下半身とに分け、「上半身」→「下半身」→「上半身」→「下半身」……、と交互に処理していきます。

 

脱毛の進め方

 

全身脱毛に「顔」や「VIO」を加えたプランの場合も、「上半身」→「下半身」→「顔」→「VIO」(例)のように、1エリアずつローテーションして施術を進めて行きます。

 

ただし予約が空いている場合は、まとめて受けることもできるそうです。

 

ちなみに、施術にかかる時間の目安は以下のようになっています。

 

上半身 1.5時間
下半身 1時間
45分
VIO 30分

 

顔、VIOも含めた全パーツをまとめて脱毛した場合は、トータルで4時間くらいかかるそうです。

 

施術の回数は? どのくらいの間隔で受けるの?
施術回数は基本的には5回だけど……

リゼクリニック新宿では、だいたい5回の施術で、ムダ毛がほとんど生えてこないか、またはムダ毛が細く薄い状態になる、と説明しています。

 

ただ注意したいのは、これはパーツごとの施術回数ということです。

 

前述のように、全身脱毛は上半身と下半身を交互に処理していきますから、全てのパーツが5回のレーザー照射を受けるには、2倍の回数の施術が必要です。

 

全身脱毛に顔やVIOを加えたコースの場合は、3倍、4倍の回数が必要になります。

 

施術間隔は、部位や回数に応じて変わります

レーザー脱毛は毛根を高熱で焼く施術ですから、ムダ毛が生えた状態で行うのがベストです。

 

施術と施術の間は充分に空け、休止期になっていた毛が生えそろった頃に施術を受けると、効率よく脱毛が進みます。

 

「身体は2〜3ヵ月おき」、「顔は1.5〜2ヵ月おき」くらいが、空ける間隔の一つの目安です。

 

ただ、施術を受けてムダ毛が少なくなっていくと、毛が生えそろうまでの時間が長くかかるようになりますから、施術回数を重ねるにつれ、間隔を長く空けるようにするとよいと思います。

 

<例>
1回目
 ↓ (2〜3ヵ月)
2回目
 ↓ (2〜3ヵ月)
3回目
 ↓ (3〜4ヵ月)
4回目
 ↓ (4ヵ月〜 ムダ毛が生えそろったら)
5回目

 

リゼクリニック新宿の保証

リゼクリニック新宿では、レーザー脱毛にともなう肌トラブルに対する保証があります。

 

赤み

レーザー照射直後は、熱で患部に赤みが出ます。クリニックから炎症止めの軟膏がでますから、軟膏を塗布して様子を見てください。
2〜3日以上たっても症状が治まらない、または悪化している軟膏の使用を中止し、クリニックに連絡してください。優先して診察を受けることができます。

毛嚢炎

患部の毛穴に雑菌が入ると、ニキビに似た発疹ができます。
毛嚢炎が起きた場合は、診察と治療薬(内服薬・軟膏)の処方が無料で受けられます。

硬毛化・増毛化 レーザーの刺激で患部のムダ毛がかえって濃くなったり、本数が増える症状です。1年間の追加照射を受けることができます。
打ち洩れ 打ち洩れがあった場合、前回照射から4週間以内にクリニックに連絡をすれば無料で追加照射を行います。
やけど 無料で診断・治療を受けることができます。薬も無料で処方されます。

 

キャンセルと途中解約
予約キャンセル、遅刻

予約キャンセルの期日は、予約日から2日前の20時までです。ただし、そのあとでキャンセルしてもペナルティは発生しません。

 

無断キャンセルだけは、施術回数が1回消化されます。

 

期日 連絡方法 備考
予約日から2日前の20時まで Web、電話 名前カルテNo.(診察券に記載)予約していた日時  ……が必要
2日前〜予約日前日 Web、電話 ペナルティはないが、近い日に予約を取り直すのは難しい
予約日当日 電話のみ  
無断キャンセル   施術回数が1回消化される
遅刻   ペナルティなし。残った時間で施術する

 

クーリングオフ、途中解約はできる? 手続きや解約料は?
クーリングオフ

契約から8日以内であれば、契約の撤回、クーリングオフすることができます。

 

契約した院に、クーリングオフしたい旨を書面で送ってください。電話による通知は受け付けていません。

 

クーリングオフ通知の書面は、決まった形式はありません。住所氏名、カルテ番号、契約日などの情報を記載し、クーリングオフしたいとシンプルに書くだけで充分です。

 

途中解約

プランの途中で解約した場合は、解約手数料が発生します。

 

解約手数料は、契約残額の20%、または50,000円のうち、金額の低い方が適応されます。

 

<例>全身脱毛プラン(5回/298,000円)を2回受けたあとで、解約した場合

 

5回プランなので、1回あたりの料金は、298,000 ÷ 5回で、59,600円。施術が3回残っているため、契約残額は59,600円 × 3回で、178,800円。

 

178,800円 × 20% = 35,760円。50,000円よりも少ないので、35,670円を、解約手数料として支払うことになります。

 

 

リゼクリニック新宿の全身脱毛の料金プランを紹介

前述のように、リゼ新宿の全身脱毛は、顔とVIOは含まれません。その代わり、オプションとして、全身脱毛のプランに顔脱毛、VIO脱萌を加えることができます。

 

また、全身のパーツから、脱毛を希望するパーツを5ヵ所選択して処理してもらう、「わがまま全身脱毛」というプランもあります。

 

  • 全身脱毛(VIO、顔は含まれない)
  • 全身脱毛 + VIO
  • 全身脱毛 + 顔
  • 全身脱毛 + VIO + 顔
  • 5ヵ所を選択して処理

 

 

全身脱毛プランの料金表

 

プラン 施術部位  
全身脱毛 全身12ヵ所 一括 298,000円(税込)

月払い 13,000円(税込)

全身 + VIO脱毛 全身12ヵ所、VIO 一括 358,000円(税込)

月払い 15,700円(税込)

全身 + 顔脱毛 全身12ヵ所、顔全体 一括 358,000円(税込)

月払い 15,700円(税込)

全身 + VIO + 顔脱毛 全身12ヵ所、VIO 一括 398,000円(税込)

月払い 17,500円(税込)

わがまま全身脱毛 全身12ヵ所、顔、VIOから希望部位を5ヵ所選択 一括 198,000円(税込)

月払い 8,700円(税込)

 

全身脱毛の処理範囲12ヵ所については、記事上部の「リゼクリニック新宿の全身脱毛で処理できる部位は?」を参照してください。

 

VIOの照射範囲
Vライン

腰骨のいちばん上の腺から、足のつけねのラインまでが対象範囲です。

 

Iライン

毛が生えている個所は基本的にすべて照射対象です。

 

膣周辺は粘膜部分なので照射できませんが、小陰唇の内側は処理範囲に含まれます。

 

Oライン

肛門を中心に半径2cmが照射対象範囲です。それより外側は「お尻」のほうに含まれます。

 

顔の照射範囲

「顔全体」には、以下の7ヵ所が含まれます。

 

  • ひたい
  • ほほ
  • 耳毛
  • 鼻毛
  • 鼻下
  • あご
  • あご下

 

髪の毛部分、眉毛部分、まぶた、眼球周辺、唇、ほくろは、リスクが高いため照射できません。

 

わがまま全身脱毛プランについて

全身のパーツの中から、希望するパーツを5ヵ所選択して処理してもらうプランです。対象パーツは、

 

全身 VIO 顔全体

うなじ
両脇・二の腕・ひじと前腕・手の甲と指
胸・お腹・背中
お尻・太もも・ひざから足首・足の甲と指

Vライン
Iライン
Oライン

ひたい
ほほ
鼻下
あご
あご下

 

このようになっています。

 

いくつかのパーツをまとめて処理したいけれど、「全身脱毛」まではいらない、という方には便利です。全身脱毛のライト版、という感じのプランですね。

 

パーツの数え方に注意

注意点は、まず「顔」と「VIO」は全体で1パーツではないことです。「Vライン」、「ひたい」、「あご下」などで、それぞれ1パーツと数えます。

 

たとえば、顔全体の処理を選択すると、それだけで5パーツ消化してしまうことになりますね。

 

また、全身脱毛とセットになった「顔脱毛」に含まれていた鼻毛と耳毛の脱毛が、わがまま全身脱毛プランには含まれていません。

 

パーツの数え方が特徴的ですから、そこに注意が必要です。

 

 

施術料金の支払い方法

  • 現金一括払い
  • 月払い
  • クレジットカード
  • 医療ローン

 

以上の4種類の支払い方法があります。

 

現金一括払い

契約時に、料金のすべてを現金で一括で支払う方法です。

 

月払い

料金を、いわゆる月賦で支払っていく方法です。支払い回数は、どのプランでも24回となっています。

 

まとまったお金を用意する必要がないため、気軽に脱毛プランをスタートさせることができるというメリットがありますが、デメリットとしてはトータルの支払い額が一括払いよりも高くなることがあげられます。

 

施術に行かない月も支払いが発生することに注意しましょう。なお、月払いであっても、トラブル時は同様の保証を受けることができます。

 

クレジットカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • americanexpress
  • Diners
  • DISCOVER

 

以上の6種類のクレジットカードを利用することができます。

 

カード 支払い回数

VISA
MasterCard

1回払い
2回払い
ボーナス払い

JCB
americanexpress
Diners
DISCOVER

1回払い

 

医療ローン

リゼクリニック新宿と提携しているカードローンを利用して、分割払いする方法です。

 

月払いとの違いは、支払い回数を3回〜60回まで自由に選択することができる点です。

 

支払い回数を多くすると、1ヵ月あたりの出費は少なくて済みますが、借入額に年率8.5%の利子がかかるため、支払い回数が多くなるほど、支払う総額は大きくなります。

 

リゼクリニック新宿のホームページでは、医療ローンのシミュレーションができます。希望のプランと支払い回数をラジオボタンで選択するだけで、月々の支払い額と、支払い総額が表示されます。

 

 

リゼクリニック新宿の口コミ

リゼクリニック新宿の良い口コミ

  • 施術1回目から「あ、薄くなったな」と感じました。現在3回目ですが順調に毛がなくなっていっています。5回でつるつるになれそうです。
  • カウンセリングでの説明がていねいで安心感。レーザーのリスクや、体質によっては効果が出ないこともあるといったデメリットもちゃんと説明してくれました。
  • 1回打ち洩れがありましたが、ちゃんと再照射してもらえました。
  • レーザーが痛いと伝えると、そのつど出力調節してくれるので、助かります。

 

 

リゼクリニック新宿の悪い口コミ

  • やっぱりレーザーは痛いです。特にVIOが……。「出力落としますか?」と言ってくれますが、痛くないほど出力を落とすと効果がないかもしれないので、結局がまんです。
  • 脱毛サロンはスタッフの方がいろいろおしゃべりしてくれますが、リゼは対応がシンプルというか、黙々と施術する感じです。
  • 予約が取りづらい。土日ははじめからあきらめて平日にしていますが、帰りが遅い人は通うのが大変だと思う。

 

 

口コミまとめ

脱毛効果についてはおおむね高評価。5回〜6回の施術でほぼ完了している方が多いようです。

 

そのほかには、「痛い」という口コミが少し目立ちました。ただ、3種類のうちどの脱毛器を使用したのかは不明でした。

 

上の口コミにもありますが、痛いときには出力を下げてもらえますし、有料で簡易麻酔も使用することができますので、過度に怖がらなくてもよいかもしれません。

 

 

全身脱毛ができる新宿のクリニックはこちら。